オートウェイ 激安タイヤ通販のタイヤの評判

激安タイヤ通販のAUTO WAY(オートウェイ)が大人気なのは

私はオートウェイのタイヤ価格を始めて見た時、あまりの安さに驚きました。

 

ところで皆さんは新品のタイヤを購入するとき、どうやって選んでいますか?

 

ほとんどの方は、近所のガソリンスタンドさん、タイヤ屋量販店さんやカー用品店に行って値段を見て、

 

そのまま選んでタイヤ交換をするのが一般的だと思います。

 

でも実際そのタイヤは、本当に安いのか?ということを疑問に思ったことはありませんか?

 

おそらく買う時は、その値段が相場なのだから仕方なく買っているのではないでしょうか。

 

このタイヤのキャンペーンをやっているので、これがお得ですよと勧められ買っているのが、一般的なタイヤの買い方だと思います。

 

私は車関係の仕事が長いので経験上、皆さんがタイヤを選ぶとき『価格が安い』を最優先でタイヤを選ぶ方が、ほとんどだということを知っています。

 

タイヤ性能なんて、分からないからというのが、本当のところではないでしょうか?

 

ならば安全でそれなりに使えるタイヤであれば、安く済ませたいと思うのが当然だと思います。

 

外交摩擦、外交戦争と言われる時代で、原油価格の高騰でタイヤの値段も徐々に上がってきています。

 

それにより激安タイヤ通販や激安輸入タイヤを直接販売しているオートウェイに注目が集まり、人気になっています。

激安タイヤ通販のオートウェイが大人気の秘密

流通にあります。

 

今までの日本の流通は、タイヤメーカーさんから各地域の

 

1次問屋、2次問屋にタイヤを移動し、そこから店舗にタイヤが運ばれ販売していたのですが

 

これだと、中間マージンと人件費が掛かるため、タイヤ価格が高くなってしまいます。

 

それを今まで私たちは、買っていたのです。

 

オートウェイは、その流通方式を一切やめ、

 

巨大倉庫に海外の選び抜いた高性能タイヤだけを、

 

大量仕入れして、問屋を通さないことで、

 

中間マージンと人件費のコストカットをすることで、

 

直接タイヤをネット通販という販売をしているため、

 

激安タイヤ価格を実現しています。

 

ですから、今までの価格の半分以下でタイヤを履き替えた、

 

前回より数万円安く、新品タイヤが買えた等の口コミが現実なのです。

ならタイヤネット通販で安く買えるなら、どこでも良いのか?

 

違います。

 

気を付けなければならないのが、悪質通販業者がいるということです。

 

タイヤの主成分はゴムなので、時間が経つと劣化します。

 

一番重要なのがタイヤの保管状況の管理体制です。

 

この差によりタイヤ性能品質に差が出てしまいます。

 

すなわち長期在庫になっている通販は、在庫回転率が悪いので

 

新品でも、古いタイヤを買うことになってしまいます。

 

コレを避けるには、人気で売れている通販で買うのが一番です。

 

そこで私がおすすめなのが、激安タイヤ通販大手、タイヤ通販の終着駅 AUTOWAY
   です。

 

私がオートウェイを知ったのが2006年、それからあらゆるアジアンタイヤを履いて

 

タイヤ性能テストもして来ましたし、これから激安アジアンタイヤ試していきます。

 

オートウェイさんは、選び抜いた輸入タイヤを安く仕入れ、

 

しかも徹底した商品管理で安心して買うことができる、激安タイヤ通販です。

 

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

 

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

 

タイヤ選び、タイヤ交換、サーキット等の

 

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

オートウェイ 激安タイヤ通販のタイヤの評判でした。

関連ページ

国産タイヤと激安タイヤで人気のアジアンタイヤの違いについての説明です
国産タイヤと輸入タイヤの違いについての説明です 輸入タイヤの中で激安タイヤで人気のアジアンタイヤ性能は国産タイヤと比較してどうなのか? 圧倒的な価格の安さというメリットもありますが、デメリットもあります。アジアンタイヤ性能は毎年飛躍的にアップし、国産タイヤと同等なタイヤまたはそれ以上のタイヤ性能を発揮するタイヤも発売されるようになりました。そのアジアンタイヤとのタイヤ性能違いを国産タイヤと比較して説明しています。
安くてグリップするタイヤは無いのか、アジアンタイヤ選び
激安アジアンタイヤ性能はどうなの? 激安アジアンタイヤなら、毎回タイヤ代に困らなくて済みます。 ですがタイヤ性能がどうなのかが、一番の問題です。 サーキット仲間と相談し、値段が安いので 毎回違うアジアンタイヤをサーキットに持込み試すことになりました。 サーキットで使えて耐えるタイヤなら、一般道では問題はありませんカらね!
アジアン タイヤカテゴリーの説明とタイヤの選び方
アジアンタイヤも日本タイヤメーカーのように、タイヤカテゴリーに分類されるまで技術が発展し、タイヤ性能が飛躍的にアップしています。低価格で高性能なタイヤが増えてきています。そこで、タイヤカテゴリーというのは、どんな分類になっているのかの説明です。タイヤカテゴリーを知ることで、どのようなタイヤを選べば良いのかタイヤ選びの参考になると思います。