車バッテリーの役割とバッテリーを安く買う方法

カーバッテリーの役割とカーバッテリーを安く買う方法

 

車はエンジンと燃料だけでは、走ることはできません。

 

エンジンを掛けるには、スターターモーターを回すため、電気が必要になります。

 

その他にも、ルームランプ、スモールランプ、ヘッドライト、ウインカー等を点灯させるため、電気が必要になります。

 

今ではエンジンを制御するエンジンコンピューターやメーターやドアロックを制御するボディーコンピューター

 

エアコンの温度を自動で設定温度にしてくれるコンピューター等いろいろなコンピューターが取り付けられ、制御してくれていて簡単で便利な車になっています。

 

そのコンピューターも常時、電気が必要になります。キーを抜いている時もです。

 

これらの電装部品・電子部品・コンピューターにも電気を供給してくれているのが

 

車のバッテリー(カーバッテリー)です。

 

 

 

車にとって、とても重要なパーツの一つが車のバッテリーなんです。

 

車のバッテリーって、家庭で使う乾電池と違うの?

 

カーバッテリーは電気を保存し、放電、充電を繰り返し行える蓄電池です。

 

一般的な電池と違い、短い時間に大電流を放電できる特徴があります。

 

これがエンジンを掛ける時、大電流が必要になるのが

 

スターターモーター(セルモーター)で

 

短時間で大電流が出せるのが、車のバッテリーの特徴です。

 

ですが、電池なので、車の電気装を使い続けると、

 

車のバッテリーは、バッテリー容量にも限界があるので上がってしまします。

 

携帯電話やスマホも使い続ければ、バッテリーがなくなってしまいますよね!

 

充電すれば、バッテリーは復帰します。

 

車の場合エンジンが掛かっている状態なら、オルタネーター(3層発電機)という充電器が充電してくれる仕組みになっています。

 

これにより、カーバッテリは、エンジンが掛かっている時常にバッテリーを充電して、電気を蓄えています。

 

でも、アイドリングのエンジン回転で、ヘッドライト、ストップランプ、雨の日のワイパー作動時は、オルタネーター(発電機)の

 

電力だけでは、補いきれないので、バッテリーから電気を供給しています。

 

足りない分は、バッテリーが補い、足りている時は充電しているのが、バッテリーとオルタネーターの役割です

 

車のバッテリーの構造

 

おそらく、バッテリーの構造をここで説明し理解されてもほとんどその知識は使うことがないので

 

細かい説明はさけますが、必要最低限だけの説明をしていきます。

 

車のバッテリーは6個の部屋があり1個(1セルと呼んでいます)が約2Vの電圧を発生し、

 

それが6個直列に繋がっているので12Vの電圧を発生しています。

 

実際は1セル当たり満充電の時は、2.1Vを発生して12.6Vです。

 

>もう一つ覚えて頂きたいのが、車のバッテリーは液入りバッテリーということです。

 

車のバッテリー内の液体は、希硫酸、濃度は35%なので、

 

皮膚に付着すると火傷を起こす危険な液体ですので、

 

取り扱いには十分な注意が必要です。

 

それと、年式の古い車は、充電制御が細かく制御できていないので

 

充電のし過ぎ(過充電)により、水素が多く発生し蒸発するので

 

水分が減少してしまうので、定期的な電解液量の点検が必要となり

 

不足している場合、蒸留水の補充が必要になります。

 

充電制御車は、バッテリー制御が細かく管理されているので

 

バッテリー液点検補充という管理はほとんどいらなくなりました。

 

ですが、バッテリーの寿命が近くなると、バッテリーの内部抵抗が増えてしまい

 

バッテリー充電をするためには、充電電流が大きいままになるため、

 

バッテリー液が減るようになります。

 

ですから、バッテリー液が早く減るようになったら、バッテリーの寿命が

 

近づいていると判断することができます。

 

バッテリー点検方法に、バッテリーテスターというものがあります。個人で持つ必要はありませんが、

 

会社で、車を多く所有しているなら1台バッテリーテスターがあると、車が動かないというバッテリートラブルを

 

未然に回避できると思います。

 

できれば、バッテリーの性能と寿命が分かるCCA(コールドクランキングアンペア)テスターが

 

 

 

お勧めなのですが、かなり高価なので(汗)

 

車のバッテリーは消耗品で、自動車ではメンテナンス品と呼ばれているパーツの1つです。

 

定期交換部品とも呼ばれています。

 

タイヤ、オイル、バッテリー、ブレーキパッド、

 

エレメント(オイルエレメント・エアーフィルター・エアコンフィルター等)です。

 

JAFの出動回数が最も多いのが、バッテリー上がりまたはバッテリーの寿命で

 

エンジンが掛からないという症状で、出動回数がトップです。

 

JAFさんのお世話になる前にバッテリー点検を怠らず、出先でエンジンが掛からないという事がないようにしましょう。

 

無駄な時間を費やすことになりますので(汗)

 

カーバッテリーは消耗品で、自動車ではメンテナンス品と呼ばれている1つです。

 

定期交換部品とも呼ばれています。

 

タイヤ、オイル、バッテリー、ブレーキパッド、

 

エレメント(オイルエレメント・エアーフィルター・エアコンフィルター等)です。

 

JAFの出動回数が最も多いのが、バッテリー上がりまたはバッテリーの寿命で

 

エンジンが掛からないという症状です。

こうなる前に、車のバッテリー情報を把握しておくことが大切!

◆車のバッテリーを新品交換したのは何年何月?

 

◆車の何バッテリーを何年使っているか?

 

◆バッテリー点検はバッテリーテスターを使って

 

無料で行ってもらえるところがほとんどなので

 

半年に1回は点検してもらいましょう。

 

◆3年目に入ったら3ヶ月に1回、点検してもらいましょう。

自分の車のバッテリーって、どんなサイズ?

◆カーバッテリーの適合は車種別に検索できます。

 

国産車の方はコチラから⇒国産車適合バッテリー

 

欧州車の方はコチラから⇒欧州車適合バッテリー

 

北米車の方はコチラから⇒北米車適合バッテリー

 

エンジンが掛からない!どうしよう(汗)

 

そうなる前に、早めのバッテリー交換が、安心にもつながります。

 

ロードサービスのお世話になると、お金も時間もかかります(汗)

 

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

 

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

 

チェックしてみる価値アリだと思います。

 

激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ


 

カーバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

 

 

車のバッテリー上がりとは?

 

車のバッテリー上がりとは?車のバッテリー上がりの原因は?

 

カーバッテリーの寿命とは別に【バッテリー上がり】という症状があります。

 

これはバッテリーの電気の使用量を超えた場合に起こる症状です。

 

今お使いの、携帯電話やスマホも使っていくうちにバッテリーがなくなって

 

充電しなければいけないですよね!

 

充電しなければ使えないバッテリーの状態が

 

車のバッテリーで言えば、バッテリー上がりです。

 

ですから、スマホバッテリー同様、バッテリーを充電すれば

 

バッテリーが正常に電気を供給してくれます。

 

バッテリー上がりとバッテリー寿命は違うという事を覚えておきましょう。

 

カーバッテリー上がりの原因のほとんどが?

 

ほとんどは、マップランプの消し忘れ、半ドアのルームランプのつきっぱなしです。

 

半ドアのルームランプのつきっぱなしは、再度ドアを開け、車に乗り込むと

 

ドアをしっかり閉めるので、半ドアだったとは気づきません。

 

カーバッテリー上がりのほとんどが、これに該当します。

 

次に多いのが、ミニバン、1BOX車のバックドアの半ドアです。

 

これも結構気づかずにやってしまうことが多いです。

 

その他に、ルームランプスイッチをオフにしている方の半ドア

 

これだと半ドアに気付くのは逆に難しくなります。

 

ルームランプが消えていので、半ドアに気づくことはないでしょう。

 

でも、メーターパネルの半ドア警告灯は点灯しっぱなしで

 

バッテリーが上がってしまいます。

 

スモールランプの消し忘れは、今の車はスモールランプ消し忘れの

 

ブザーが付いているので、ほとんどなくなりました。

 

でもいまだに、半ドアでバッテリー上がりをおこしてしまう方は、多いのが現状です。

 

バッテリー上がりの症状とは、バッテリーは新しいのに

 

昨日までは、なんでもなかったけど、

 

何らかの原因で、バッテリーの電気を使ってしまい、

 

今日エンジンが掛からなかったという症状です。

 

batery-saech

 

これはカーバッテリーの寿命ではなく、充電すれば使用可能になりますが

 

普通充電(小電流)でカーバッテリーに電気を蓄積するため、充電時間が長くなります。

 

急速充電(大電流)をした場合、カーバッテリーの寿命を大幅に短くしてしまうため

 

急速充電は、極力避けた方が、カーバッテリーには、やさしい対応です。

 

車の使用頻度の少なさとチョイ乗りは充電不足のカーバッテリー上がりの原因

 

1ヶ月に1回しか車に乗らない等、車の使用頻度が極端に少ない使い方の車

 

または1回の走行距離が極端に短い場合は、カーバッテリ上がりになります。

 

エンジンをかけるためにエンジンスターターを回しますが

 

このエンジンスターターを回すため、大電流を使用します。

 

その使った電気を、走行中に充電するのですが

 

走行距離が極端に短い場合、充電時間が短いため

 

充電しきれない状態を、何度も繰り返し、充電不足でバッテリー上がりになります。

 

できれば1回30分以上の走行が、カーバッテリーにはやさしいのですが

 

一般的に言うチョイ乗り、10分以下の走行の繰り返しは、充電不足になります。

 

カーバッテリー上がりの原因として上げられるのが、バッテリー自己放電!

 

カーバッテリーは電気を使わなくても、自己放電をする特性があります。

 

このカーバッテリーの自己放電は、充電受入性能が良いカーバッテリーほど

 

自己放電しやすい特性を持っています。

 

アイドリングストップ車専用バッテリーがこれに該当します。

 

車の暗電流もカーバッテリー上がりの原因になります

 

車には、たくさんのコンピューターが積まれています。

 

各コンピュターのメモリーを保つため、暗電流が常に流れています。

 

そのため、車を使わなくてもカーバッテリーを使用しています。

 

これも車の使用頻度が少ない、チョイ乗りが多い場合

 

バッテリー上がりになります。

 

カーバッテリー容量の大きさにもよりますが、1ヶ月放置してしまったら

 

カーバッテリーの補充電をしましょう。

 

実は車のバッテリーって、満充電に近い状態を保つことで

 

飛躍的に寿命が延びるんです。

 

カーバッテリー交換をお考えの方に!

 

◆カーバッテリーの適合は車種別に検索できます。

 

自分の車のバッテリーって、どんなサイズ?

◆カーバッテリーの適合は車種別に検索できます。

 

国産車の方はコチラから⇒国産車適合バッテリー

 

欧州車の方はコチラから⇒欧州車適合バッテリー

 

北米車の方はコチラから⇒北米車適合バッテリー

 

エンジンが掛からない!どうしよう(汗)

 

そうなる前に、早めのバッテリー交換が、安心にもつながります。

 

ロードサービスのお世話になると、お金も時間もかかります(汗)

 

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

 

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

 

チェックしてみる価値アリだと思います。

 

激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ


 

カーバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

車バッテリーの交換時期は、どれくらい?

h2>車バッテリー寿命って?車バッテリーの交換時期は?
カーバッテリー寿命はどれくらいで来るのでしょうか?

 

その前に、私の経験談です。車ってバッテリー上がりを起こすと

 

本当に困り果てます。

 

私も車歴は長いですが、出先でバッテリー上がりを経験しています。

 

その時、初めてバッテリーの重要性に気づかされました。

 

今まで2回バッテリー上がりをやってしまいました(恥)

 

車って、エンジンが掛からなければ、鉄に覆われた箱に過ぎないと!

 

真夏と真冬のバッテリー上がりの経験が・・・

 

真夏の時は、炎天下の中、ロードサービスの救援を

 

汗だくになって待ったこともあります。

 

さらに真冬はとにかく最悪だったことを覚えています。

 

寒さに耐えながら、ロードサービスの救援を待った時は

 

本当に辛かったです。

 

このような経験をしたからこそ、そうなって欲しくないと

 

バッテリーに関して、正しい知識を身に付けてもらいたいと思います。

 

車のバッテリー寿命は、だいたい2年〜3年と言われています。

 

なぜ1年の開きがあるのでしょうか?

 

さらに、通勤距離が片道30キロや、

 

営業車で1日長距離を毎日走っている車は

 

バッテリーが4〜5年持ってしまうのは、なぜでしょうか?

 

batery-saech

 

この開きは、車の使用状況によって大きく異なります。

カーバッテリーが長持ちする車の使用状況

カーバッテリーが、一番良い状態というのは、毎日の走行距離が

 

長い使用状況の車です。

 

通勤で言えば、最低でも片道30分以上走行する使い方だと、

 

カーバッテリーがフル充電になるため、カーバッテリーにとっては、とても良い状態になります。

カーバッテリーの寿命を短くする車の使用状況

カーバッテリーに厳しい状態というのが、週1回しか車に乗らない!

 

または月1回しか車に乗らない!

 

通勤でも片道2キロ以下などなど、エンジンの暖気が終わる前に、

 

エンジンを切ってしまう使用状況です。

 

ショートトリップと言いますが、1日の走行距離が約7キロ以下の

 

車の使用状況が、これに当てはまります。

 

カーバッテリーに対しては、とても過酷な使用状況になります。

 

ちょっとバッテリー専門用語の説明になってしまいますが(汗)

 

軽く読み流してください。

 

カーバッテリーが充電不足のままだと、

 

カーバッテリーのマイナス内部基盤に生成された白色硫酸鉛が極板に付着します。

 

この白色硫酸鉛をサルフェーションと言いって、これは非伝導性の結晶なので、

 

電気を通さない抵抗となります。

 

電気を通さない面積が増える=バッテリーの内部の極板を

 

小さくしていると同じことなんです。

 

このためバッテリーの内部抵抗を増加させ

 

バッテリー容量を減少させてしまい

 

バッテリーの寿命は短くなってしまいます。

 

このようにカーバッテリーの寿命は、車の使用頻度によって

 

大きく変わってしまします。

 

どれだけ高性能なバッテリーを使っても

 

車の使い方、どれだけ充分な充電できるかが

 

カーバッテリーの寿命を延ばすか、短くするかなんです。

バッテリーの寿命の判断は?

2〜3年使用したバッテリーで、次のような症状が出ていたら、

 

バッテリーの寿命が近いと判断してください。

 

1)アクセルを戻すと、ヘッドライトが暗くなる。

 

2)エンジンの掛かりが悪い。

 

3)バッテリー液の減りが早い。

 

4)ホーン(クラクション)の音が弱くなった。

 

5)パワーウィンドウの開閉が遅くなった。

 

このような症状がみられたら、バッテリーの寿命が近いと思ってください。

 

さらに今時のカーバッテリーは、高性能になったため

 

バッテリー寿命が近くなっても、性能を維持します。

 

乾電池を例にあげると、性格がアルカリ電池に似ています。

 

ギリギリまで性能を出し続け、いきなりパタっと寿命というパターンの

 

高性能バッテリーが多くなってきました。

 

なので、使っている期間をしっかり把握し、バッテリーを交換した方が

 

バッテリー上がりのトラブルは避けられます。

 

私のように、真夏、真冬に辛い思いをしないためにも

 

またロードサービスさんのお世話になる前に、バッテリーを新品に交換しましょう!

 

新品バッテリーに交換すれば、2〜3年はバッテリーを気にしなくてイイからです。

 

今では車のバッテリーは、高性能でもネットで安く気軽に買える時代になりました。

 

カーバッテリー交換をお考えの方に!

 

◆カーバッテリーの適合は車種別に検索できます。

 

自分の車のバッテリーって、どんなサイズ?

◆カーバッテリーの適合は車種別に検索できます。

 

国産車の方はコチラから⇒国産車適合バッテリー

 

欧州車の方はコチラから⇒欧州車適合バッテリー

 

北米車の方はコチラから⇒北米車適合バッテリー

 

エンジンが掛からない!どうしよう(汗)

 

そうなる前に、早めのバッテリー交換が、安心にもつながります。

 

ロードサービスのお世話になると、お金も時間もかかります(汗)

 

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

 

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

 

チェックしてみる価値アリだと思います。

 

激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ


 

カーバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

関連ページ

カーバッテリーの交換時期はいつ?
2〜3年使用したバッテリーで、次のような症状が出ていたら、バッテリーの寿命が近いと判断してください。 1)アクセルを戻すと、ヘッドライトが暗くなる。 2)エンジンの掛かりが悪い。 3)バッテリー液の減りが早い。 4)ホーン(クラクション)の音が弱くなった。 5)パワーウィンドウの開閉が遅くなった。 このような症状がみられたら、バッテリーの寿命が近いと思ってください。