おクルマドットコムTOP > エンジンコンピュータ―のページ > エンジンコンピューターROMチューニング編

 

エンジンコンピューターROMチューニング編

 

エンジンコンピューターROMチューン編

このページを読む前に、まだ読んでない方は⇒エンジンコンピューターエンジンコンピューターROM基本編を読んでから、このROMチューン編を読んで頂くと、分かりやすいと思います。
パソコン・スマホは⇒コチラから 携帯サイトは⇒コチラから

ROMチューンに必要なもの

98dos-vパソコン、ハンダ吸取器(手動式と電動式があります)
ROM引き抜き工具、ハンダこて、ハンダ0.8パイ、ハンダヤ二洗浄剤、精密ピンセット、精密ニッパ、基盤コート剤、ROM消却イレーサー、ROM書込み器、ROMデーター編集ソフト、アクセスモニターが必要になります。さらにワンチィップタイプ(おもにR33、R34、C34などの84ピン)の場合スポットヒーター、84PLCCノズル、ハンダ0.3パイ、などが必要になるんだ。全部そろえると40万ぐらいになってしまいます。有名なメーカーはグリッドさんから手に入ります。ROMチューンに必要な追加基盤はグリッドさんから買えるし、最低でもROMデータ編集ソフトを買わないとダメということなんです。なので、ROMチューンを始めるまでに60万ぐらい最低でも掛かってしまうので、個人では難しい世界です。

ROMデーター編

ROMの中には16進数のデーターがギッシリ書いてあります、プログラム領域とデーター領域、いじれるのはデーター領域のみです。スピードリミッターの速度変更やカットすることもできるし、レブりミッターの回転を上げたりカットすることもできます。エアフローメーターを大排気量車のものに変更したりしたときはエアフローマップデーターを書き換えたり、大容量インジャクターに変更したら、k定数を書き換えればいいんだよ。このようにROMのデーターを書き換えることにより、各パーツをエンジンにマッチングさせることができるわけです。そしてここが一番難しいところなんだけど、点火時期補正マップと燃料補正マップによって、エンジンのセッティングをしていくんですよ。

わかりやすいS13のデーターを見てみましょう

これがハイオク燃料補正マップです。

色付けするとこんな感じのマップになります

S13のSR20DETエンジンのノーマル・ハイオク燃料補正マップです。でもSR20DETエンジンのコンピューターは25種類以上あるからこのデーターがおなじSR20DETだからといっても合わないと思います。データーを見るとC2とか3Fとか、わけのわからない英数字が並んでいるよね。コンピューターの中身はすべて2進数で動いているんだけど、2進数だとマップ作ったらとてつもなく大きなマップになっちゃうからね、だから16進数表示をさせているわけなんだよ。ということでROMのデーターは16進数ということを覚えておこうね。使えるデーター範囲は00〜FFまでこれを10進数に直すと00〜255までということになります。このマップの場合、タテ軸が回転数、ヨコ軸が負荷です。だから回転が上がれば上がるほど下を読みにいき、負荷が大きくなればなるほど、右を読みにいきます。だから読んでいるところの数値を大きくすれば燃料は濃くなり、数値を小さくすれば薄くなるという仕組みなんです。
次の写真が

点火時期補正マップです。これもタテ軸が回転でヨコ軸が負荷によって読むマップです。SR20DETの点火マップデーターは素直だからこの16進数を10進数に直せば点火時期の数値になってくれるからセッティングはしやすいです。メーカーによってはMASKがかけられていてデーターを分析しづらくしているのもあります。このマップでも黒と茶色の部分がありますが、これはバックアップ領域です、この数値を10進数に直したらとてつもない点火時期になっちゃうよね。これも一種のMASKなんですよ。この点火時期補正マップも読んでいるデーターを変えれば回転数、負荷に応じて点火時期を変えることができます。数値を大きくすれば点火時期が進み、小さくすれば遅れる仕組みです。でも点火時期というのはエンジンをよく知っている人がやらないとかなり危険だからね。チューナーと呼ばれる方でも一番セッティングの中で神経を使うところだから。間違えて大きな数値を高回転高負荷時の領域に入れたら、簡単にエンジンが壊れるから素人は絶対に書き換えないでね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

激安アジアンタイヤ性能レビュー情報です

一流海外ブランドタイヤを激安で買えるって知っていますか?
車のメンテナンスの中で、高額で困るのが消耗品のタイヤです。特に今の車はホイールが大きくなって、それにともないタイヤも偏平になり値段も、もの凄く高いのが現状です。17インチ以上になると、タイヤ4本の値段を聞くとビックリするほど高いです!タイヤ選びって性能ももちろんですが、値段で決めるところって多いですよね!というようにタイヤの値段で困っている方も、とても多いと思います。そこでアジアンタイヤをご存知でしょうか?確かにアジアンタイヤはその国の物価の違いで、激安価格で手に入るタイヤです。初めてアジアンタイヤを買ったのは、もう10年以上前のことです。激安アジアンタイヤを買い、実際アジアンタイヤを履いたら、その性能に驚きました。激安タイヤだから性能が悪いと思っていませんか?今ではもう過去の話です。
その頃で世界標準レベルだったことにビックリさせられました。安かろう悪かろうという日本人の意識が強かった時代の事です。黒70もチョット反省でした
実際タイヤは履いてみないと、性能が分からない、これが10年以上前アジアンタイヤに出会ってから結論で、価格が安いから、イロイロなタイヤが試せそう。そう思いアジアンタイヤの性能を10年以上前からテストし試乗レビューすることに決めました。
そしてアジアンタイヤの評価には、価格の概念なしに評価しようと思いました。価格が高いタイヤは性能が良いという概念を抜きにして率直な感想、感じた感覚でタイヤ性能を評価レビューしています。
実際アジアンタイヤを試乗して感想レビューをしているブログを長年書いています。ですから、お役に立てると思います。性能の良いタイヤをより安く。
 ↓↓↓↓↓
黒70がアジアンタイヤを実際に試乗し、感想レビューを書いているブログです。
アジアンタイヤ情報研究室

アジアンタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに、おどろきますよ!
タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。
 

エンジンコンピュータ―記事一覧

エンジンコンピューターって何をしている?

エンジンコンピューターの基本車のエンジンコンピューターとは?●車がキャブレータからインジェクターに変わった時代にエンジンコンピューターが登場しました!このECU(エレク...

エンジンコンピューターROM基本編

ROMチューン基本編エンジンコンピューターROMチューンの前に!始めに言葉を覚えておきましょう!特にカー用品業界ではCPってよく聞く言葉なんだけど正確にはECU(エレクトリ...

エンジンコンピューターROMチューニング編

エンジンコンピューターROMチューン編このページを読む前に、まだ読んでない方は⇒エンジンコンピューターとエンジンコンピューターROM基本編を読んでから、このROMチューン編を読んで...