おクルマドットコムTOP > メタライザー > メタライザーFe−doEXの実力

 

メタライザーFe−doEXの実力

 

メタライザーFe−doEXの実力は?


エンジン内部金属表面修復剤と言われるメタライザーFe−doEXを実際使ってその効果を調べてみました!
パソコン・スマホは⇒コチラから 携帯サイトは⇒コチラから

メタライザーFe-doEX使い方

使用方法も正しく使わないと効果がハッキリ分からないと困るので、直接社長さんとお会いして使用方法もお聞きしました!


使用方法ですが、重要なことはエンジンオイルの種類です。

このメタライザーはエンジンオイル内の鉄分で、金属の表面を修復していくということです。
そのためメタライザーを使用するときはエンジンオイルを選ばなければなりません。
最後までしっかり読んでくださいね!

メタライザーで修復する際のエンジンオイルの種類は?

エンジンオイルの種類は鉱物油、部分合成油、化学合成油があります。
まずはエンジンオイルの価格ですが安い順に、鉱物油、部分合成油、化学合成油になります。
すなわち化学合成油が一番高性能なオイルですね!
実はメタライザーを使う時は、化学合成油を使用すると効果が出ないんです!。
なぜかというと、化学合成油は不純物=鉄が含まれていないからなんです。
メタライザーはオイル内の鉄で金属表面を修復していくのですが、鉄を含まない高性能の化学合成油では修復ができないということなんです。
ですから、メタライザーを使う時は、不純物を含んでいる鉱物油でなるべく安いオイルを選んでくださいね
値段が安い鉱物油は不純物の鉄を多く含んでいるので、メタライザー効果を発揮できるということを覚えておいてくださいね!
いつも化学合成油を入れているんだけどどうすればいいの?と疑問をもたれる方がいると思うので、
この場合は2000キロぐらい走行したあとに、エンジンオイルはそのままでメタライザーを使えばOKです。
当然2000キロぐらい走れば、エンジンオイル内に不純物の鉄が浮遊するので、その鉄で修復されます。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

タイヤ激安情報です

一流海外ブランドタイヤを激安で買えるって知っていますか?
車のメンテナンスの中で、高額で困るのが消耗品のタイヤです。特に今の車はホイールが大きくなって、それにともないタイヤも偏平になり値段も、もの凄く高いのが現状です。17インチ以上になると、タイヤ4本の値段を聞くとビックリするほど高いです!タイヤ選びって性能ももちろんですが、値段で決めるところって多いですよね!というようにタイヤの値段で困っている方も、とても多いと思います。そこでアジアンタイヤをご存知でしょうか?確かにアジアンタイヤはその国の物価の違いで、激安価格で手に入るタイヤです。初めてアジアンタイヤを買ったのは、もう10年以上前のことです。激安アジアンタイヤを買い、実際アジアンタイヤを履いたら、その性能に驚きました。激安タイヤだから性能が悪いと思っていませんか?今ではもう過去の話です。
その頃で世界標準レベルだったことにビックリさせられました。安かろう悪かろうという日本人の意識が強かった時代の事です。黒70もチョット反省でした
実際タイヤは履いてみないと、性能が分からない、これが10年以上前アジアンタイヤに出会ってから結論で、価格が安いから、イロイロなタイヤが試せそう。そう思いアジアンタイヤの性能を10年以上前からテストし試乗レビューすることに決めました。
そしてアジアンタイヤの評価には、価格の概念なしに評価しようと思いました。価格が高いタイヤは性能が良いという概念を抜きにして率直な感想、感じた感覚でタイヤ性能を評価レビューしています。
実際アジアンタイヤを試乗して感想レビューをしているブログを長年書いています。ですから、お役に立てると思います。性能の良いタイヤをより安く。
 ↓↓↓↓↓
黒70がアジアンタイヤを実際に試乗し、感想レビューを書いているブログ
アジアンタイヤ情報研究室

タイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに、おどろきますよ!
タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。
 

メタライザー記事一覧

メタライザーFe−doEXの実力

メタライザーFe−doEXの実力は?エンジン内部金属表面修復剤と言われるメタライザーFe−doEXを実際使ってその効果を調べてみました!パソコン・スマホは⇒コチラから 携帯...