安くて評判の良いアジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング

ハイグリップタイヤランキング おすすめアジアンタイヤ

アジアンタイヤの魅力は、低価格でありながら高性能であるところです。

 

15年以上前から、アジアンタイヤを試乗していましたが

 

2016年から急激にグリップ力が高いハイグリップタイヤが登場して

 

いざ試乗テストして見ると、国産ハイグリップタイヤのグリップ性能を

 

上回る性能が出ていたのには、本当に驚きました。

 

まだアジアンタイヤでは、ハイグリップタイヤの種類は少ないですが

 

サーキットでべストタイムが良かった順にランキングしています。

 

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング

NANKANG AR-1

 

 

 

このNANKANG AR−1は、今までアジアンタイヤを試乗テストして来ましたが

 

最強のグリップ力を持っているタイヤです。

 

乗る前はS(セミスリック)タイヤの性格なのかな〜と思いつつ

 

Sタイヤはタイヤを暖め溶ける温度にならないとグリップ力が出てきませんが、

 

このNANKANG AR−1は低温からでもグリップ力があり

 

タイヤ温度に敏感にならなくても、しっかりグリップしてくれるので

 

サーキット初心者の方でも安心して使えるタイヤです。

 

グリップ力は本当にスゴイの一言

 

一般道でも使える最強ハイグリップタイヤです。

 

本領発揮は、やはりサーキット走行です。

 

デメリットは、減りが早いこと、でもSタイヤのようには減らないので

 

ご心配はいりません。

 

そしてパターンノイズがうるさいのと、乗り心地はとても悪いです。

 

快適性は全くありませんので、グリップ力オンリーのタイヤです。

 

メリットをもう一つ、タイヤのトレッドパターンを見ると

 

ウエットは全然ダメだろうと思っていましたが

 

まったく逆の結果でした。

 

ウエットグリップもかなりあるのにはビックリです。

 

このウエットグリップ力は、Sタイヤには無い性能です。

 

これは一般公道では、かなり安全な性能です。

 

あとは、アジアンタイヤとしては値段が高めです。

 

NANKANG AR−1のタイヤサイズと価格はコチラから

 

 

 

NANKANG NS−2R

 

 

 

NANKANG NS−2Rは私も70スープラに

 

普段から履いているハイグリップタイヤです。

 

コンパウンドは2種類あり、TREAD80とTREAD120で

 

履いているのはTREAD120の方です。

 

TREAD80はNANKANG AR−1と同じコンパウンドで

 

AR−1よりグリップ力は落ちるものの

 

NANKANG NS−2Rでも、グリップ力はすさまじく

 

まったくグリップ力の不満はありません。

 

しかもウエット路面でもしっかりグリップしてくれるので

 

雨の日でも安心して走れます。

 

デメリットは、パターンノイズがうるさく、乗り心地が悪いところです。

 

これも快適性はありませんので、グリップが欲しい方だけに

 

オススメです。

 

もちろんサーキット走行も充分楽しめますし

 

値段が安いところが、最大の魅力です。

 

NANKANG NS−2Rのタイヤサイズと価格はコチラから

 

 

 

ATR K SPORT

 

 

 

ATRからハイグリップタイヤが発売されました

 

軽自動車用サイズしかありませんでしたが、

 

2017年に15インチと18インチが追加されました。

 

このATR K  SPORTタイヤを軽自動車NA車とターボ車の2台で

 

サーキット走行テストをした結果

 

NA車だとグリップ力がありすぎて、高速コーナーでアクセル全開でも

 

減速してしまうというグリップ力で、加速もグリップ力に

 

負けてしまい、逆にタイムダウンでした。

 

ターボ車の方は、タイムはSタイヤ並のタイムが出て

 

ビックリさせられました。

 

タイヤサイズのランインナップが今後増えてくれると

 

ウレシイです。

 

ATR K SPORTのタイヤサイズと価格はコチラから

 

安くて評判の良いアジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング

 

ATR SPORT 123S

 

 

 

ATRから、まだ認知度が少ないのですが、ハイグリップタイヤが

 

発売されています。

 

このATR SPORT 123S、実はかなり前から

 

日本でも販売されていましたが、サイズラインナップが少なく

 

履ける車が少なかったため、認知されていませんでした。

 

ですが2017年に入ると、ラインナップが徐々に増えてきて

 

15インチから18インチの売れ筋サイズが増えたため

 

一気に人気が上昇しつつあるハイグリップタイヤです。

 

サーキット走行テストでは、ヴィッツRSでテストしましたが

 

Sタイヤに引けを取らないタイムが出てしまい

 

この激安のATR SPORT 123Sのグリップ力は

 

半端ではないことが分かりました。

 

まだまだサイズラインナップが少ないのですが

 

ハイグリップタイヤとして、サーキットのタイムアタックでも

 

使えるタイヤでした。

 

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格はコチラから

 

安くて評判の良いアジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング

走り屋さん、サーキット好きにはたまらないハイグリップタイヤも

 

国産タイヤだと、価格面で手が出ないところがありますが

 

アジアンタイヤのハイグリップタイヤなら、

 

国産タイヤの1/3〜1/4の価格で買えるのが、うれしいです。

 

さらに国産ハイグリップタイヤのグリップ力を

 

超えてきているところも、ウレシイです。

 

アジアンタイヤのスポーツタイヤは、ウエットグリップが弱いというデメリットがありましたが

 

アジアンタイヤのハイグリップタイヤは、ウエットにも強いことに感動しています。

 

特にNANKANGの2種類のハイグリップタイヤは、ウエットグリップが高いですが

 

これは通常の雨の場合です。ワイパーを速く動かすような雨の振り方だと

 

溝の量が少ない分、ハイドロプレーニング現象を起こしやすいので

 

高速走行は注意が必要です。

 

アジアンハイグリップタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

ハイグリップタイヤランキング おすすめアジアンタイヤでした。

関連ページ

安くて評判の良いアジアンタイヤ  スポーツタイヤランキング
安くて評判の良いアジアンタイヤのおすすめスポーツタイヤランキングです。 とても分かりやすく選びやすく説明しています。
おクルマドットコムが選んだ、おすすめアジアンタイヤ10選
激安アジアンタイヤを試乗し タイヤカテゴリー別に性能が(良かったアジアンタイヤの紹介です。