安くて評判の良い人気のお勧めアジアンタイヤメーカー

安くて評判の良い人気のお勧めアジアンタイヤメーカー!アジアンタイヤが人気なのは国産タイヤと比べると、
圧倒的な価格の安さにあります。低価格で高性能なアジアンタイヤで、タイヤ代節約しましょう。

 

安くて評判の良い人気のお勧めアジアンタイヤメーカー

NANKANG(ナンカン)タイヤ

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。

世界180カ国以上での販売実績が証明するアジアンタイヤランド。

 

ATR RADIALタイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続けるインドネシアのATR RADIAL。
ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、世界100ヶ国で愛用されています。

 

 

MOMO(モモ)タイヤ

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)

 

 

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ROADSTONE(ロードストーン)は、韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、
主に欧米市場に販売されています。ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

 

 

HIFLY(ハイフライ)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コストパフォーマンスに優れたタイヤでアメリカ、ヨーロッパを始め、
日本でも人気急上昇のブランドHIFLY(ハイフライ)

 

 

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。 乗用車からトラック・バス用まで
幅広いラインナップを世界85ヶ国以上で販売しています。

 

 

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヨーロッパやアジアをはじめ、世界52ヵ国以上で販売されているベルギーのタイヤブランドMINERVA(ミネルバ)タイヤ

 

 

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

顧客満足度第一で技術革新を続ける急成長ブランドMAXTREK(マックストレック)。
世界一流タイヤ工場と並ぶ技術力を備えており、中国、アメリカ、ヨーロッパなどの認証も取得。 道路状況に考慮された、さまざまな特性を持ったタイヤを設計しています。

 

 

Radar(レーダー)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
レーダータイヤ
シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

 

 

DAVANTI(ダヴァンティ)タイヤ

 

タイヤサイズと価格はコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
davanti
DAVANTI(ダヴァンティ)は、イギリスのタイヤ製造メーカーです。専門的なエンジニアが高度な製造プロセスと走行テストにより、
安全で快適なドライブを実現するタイヤを研究・開発しています。中国で生産することにより、低価格を実現していますが、
生産機械と生産技術管理は、もちろんイタリア品質で行われている、高性能タイヤです。

 

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

関連ページ

国産タイヤと激安タイヤで人気のアジアンタイヤの違いについての説明です
国産タイヤと輸入タイヤの違いについての説明です 輸入タイヤの中で激安タイヤで人気のアジアンタイヤ性能は国産タイヤと比較してどうなのか? 圧倒的な価格の安さというメリットもありますが、デメリットもあります。アジアンタイヤ性能は毎年飛躍的にアップし、国産タイヤと同等なタイヤまたはそれ以上のタイヤ性能を発揮するタイヤも発売されるようになりました。そのアジアンタイヤとのタイヤ性能違いを国産タイヤと比較して説明しています。
オートウェイ 激安タイヤ通販のタイヤの評判
オートウェイの激安タイヤ通販の人気と評判についてまとめました。厳選された高性能なタイヤを直輸入し、ネット通販で直接販売しているオートウェイの口コミや評価です。人気の秘密は流通にありました。
安くてグリップするタイヤは無いのか、アジアンタイヤ選び
激安アジアンタイヤ性能はどうなの? 激安アジアンタイヤなら、毎回タイヤ代に困らなくて済みます。 ですがタイヤ性能がどうなのかが、一番の問題です。 サーキット仲間と相談し、値段が安いので 毎回違うアジアンタイヤをサーキットに持込み試すことになりました。 サーキットで使えて耐えるタイヤなら、一般道では問題はありませんカらね!
アジアン タイヤカテゴリーの説明とタイヤの選び方
アジアンタイヤも日本タイヤメーカーのように、タイヤカテゴリーに分類されるまで技術が発展し、タイヤ性能が飛躍的にアップしています。低価格で高性能なタイヤが増えてきています。そこで、タイヤカテゴリーというのは、どんな分類になっているのかの説明です。タイヤカテゴリーを知ることで、どのようなタイヤを選べば良いのかタイヤ選びの参考になると思います。
ランフラットタイヤのメリット・デメリット 激安ランフラットアジアンタイヤ
ランフラットタイヤとは 空気圧がゼロになっても一定の距離を走ることができるタイヤのことです。 つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることができるタイヤということになります。ランフラットタイヤのメリット・デメリット を説明しています