合宿免許なら短期間で取得ができて人気だけど、運転免許とは?

合宿免許が、なぜ今人気なのか?その前に

 

運転免許とは?

 

「自分でクルマを運転してドライブに行きたい」。「買うなら人気のあのクルマがいいな…」。18歳になると、そんな夢を抱く人も少なくないはず。

 

でもその前に手に入れなきゃいけないものが…運転免許!運転免許は、教習所へ行って交通ルールを覚え、

 

テクニックを身に付けさえすればもらえるものだなんて思っていませんか?

 

それはちょっと勘違い。免許を取ってクルマを運転するということは、守るべき規制(法律)や負うべき社会的責任が増えるということです。

 

それをきちんと自覚してはじめて、本当のドライバーになれるのです。

 

法律に見る運転免許の意味

まずは、ちょっとカタイお話から。道路交通法では『運転者の義務』として無免許運転を禁止しています。

 

「何人も公安委員会の運転免許を受けないで(中略)、自動車又は原動機付自転車を運転してはならない。」

 

[道路交通法第四章 第一節第六十四条より]わかりやすく言うと、運転免許の技術と知識を身に付けたうえで、

 

法的にも「運転してもOK」と認められた人しかクルマは運転できないってことなのです。

 

当たり前のことのようですが、それは同時に、「免許を持つ人は安全に運転する義務がある」という意味でもあることを心に留めておいてください。

 

社会人なら運転免許を持っているのって当たり前?

 

日本全国で7,000万人以上、国民の2人に1人が保有している普通運転免許。

 

そして、免許を取得するために、たいていの人がお世話になる指定自動車教習所の数は、全国で1,400件以上。

 

これは、クルマがいかに便利で生活に密着したものになっているか、という証です。

 

また、免許証は身分証明書としての役割も果すスグレモノ。いろんな場面で社会的効力を発揮します。

 

なにかと使える運転免許ですが、運転免許を保有するということは、交通社会の一員としての自覚を持ち、

 

その社会的責任や義務を果たさなくてはならない、ということを忘れないでください。

 

短期間で運転免許取得ができる合宿免許が大人気ノワケ!

一般的に運転免許を取得する場合は、指定自動車教習所に週1日の休みを利用して3〜4か月通って、運転免許を取得します。

 

ですが今の時代で、3〜4か月使うって、かなり時間のロスになりますよね。さらに週1回だと、ドライビングテクニックもなかなか身に付きません。

 

段階の見極めに合格しづらい点も、ここにあります。

 

確かに、昭和後半の時代には短期間で運転免許が取得できる合宿免許というのが、数が少なかったため、選びたいけど選べない状況でした。

 

ですが、平成のネット社会、令和と時代が進み、今では、最短13日間で運転免許を取得できる時代になりました。

 

しかも日本全国から申し込みができ、温泉旅行を兼ねて運転免許を取得できるサービスも登場しています。

 

友達と一緒に旅行気分で運転免許を取得する方が、とても増えています。

 

楽しく最短13日で運転免許が取得できるということです。

 

短期間で集中できるので、ドライビングテクニック(感覚)も早く身に着けられるので最短13日間という短期間での取得が可能になったわけです。

 

今、このように若い方の間で、合宿免許は旅行を兼ねて取得するというブームになっています。

 

おクルマドットコムが選んだおすすめ合宿免許サイトがコチラ

あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』



免許合宿ランキングサイト合宿参加者が選ぶ教習所を一覧紹介自分好みの教習所を簡単に検索できます


合宿免許なら短期間で取得ができて人気だけど、運転免許とは?記事一覧

合宿免許受付センターの特徴!人気の免許受付センターの評判

合宿免許受付センターの特徴自動車教習所に通うとなると、何ヶ月も掛かってしまう自動車教習自動車免許を短期間で取得できるのが、合宿免許です。そこで自動車の運転免許を合宿して格安、短期間で取得するコースをご紹介しています!合宿免許受付センターが、なぜ今人気なのか?日本全国から申し込みができ、温泉旅行を兼ね...

≫続きを読む

自分に合った全国の合宿免許や通学ができる教習所を選べる『教習所.com』

自分に合った全国の合宿免許や通学ができる教習所が選べる『教習所.com』。教習所経営45年の経験を持つ株式会社ナンバメイトが運営する、教習所お申込みサービスが教習所.comです。教習所経営のノウハウと、お申込みサービス20年の実績により、免許取得希望者の気持ちに立った、きめ細かいサービスを目指してい...

≫続きを読む