NANKANGタイヤ性能評価感想レビューサイト

NANKANGタイヤ性能評価感想レビューサイト

人気のアジアンタイヤ、NANKANG(ナンカン)タイヤを試乗して、タイヤの感想を書いているサイトです。

 

安くて性能が良いNANKANGタイヤの実際の性能はどうなのか?

 

NANKANGタイヤのメリット、デメリットも書いていますので、参考にして頂けたらうれしいです。

 

人気順のアジアンタイヤランキングも書いています。NANKANGタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

NANKANG(ナンカン)タイヤとは、どんなタイヤメーカーなの?

 

NANKANG(ナンカン)タイヤは台湾の世界的大手タイヤメーカーです。

 

台湾最高の栄誉である「台湾精品大賞」受賞メーカーがNANKANGタイヤです。

 

 

 

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史

 

◆1940年: ナンカンタイヤの前身である台灣護膜株式會社がゴム製造会社として設立。

 

◆1945年: 台灣工礦股?有限公司南港橡膠廠(Nankang Rubber )となる。

 

◆1959年: 南港輪胎股?有限公司(Nankang Rubber Tire Corp., Ltd. )として創業。

 

◆1963年: 株式市場への上場。

 

◆1973年:ヘリコプター のタイヤの製造。同年、新豊(新豐)の工場も操業を開始。

 

◆1974年:ラジアルタイヤの製造法を確立。

 

◆1976年:飛行機 用タイヤの製造を開始。

 

◆1980年:トラックやバス向けのラジアルタイヤの製造を開始。

 

◆1989年: 日本のタイヤメーカーによる技術指導が行われ、

 

 タイヤの品質改善が行われた。これは1996年まで行われました。

 

◆1991年: E-MARK(欧州への製品輸出許可証)を取得し、ヨーロッパ向けの輸出を開始。

 

◆1994年:【ISO 9001】を取得。

 

◆1997年: 輸出向けにスタッドレスタイヤの製造を開始。【ISO 14001】を取得。

 

◆2001年:【ISO 16949】を取得。

 

妥協せず、安全性にこだわり、高品質商品の開発を続けた55年。
 

タイヤには、支える・伝える・曲がる・やわらげる・の4つの働きがあり、

 

いずれも自動車が安全に走行する上でとても重要です。

 

ナンカンタイヤは台湾で最も長い歴史をもつタイヤメーカーで、

 

55年にわたって「誠実、実務、革新」 を経営理念に掲げ、実践し

 

これからもユーザーのニーズに対応するため 、「研究開発、差別化、品質向上、顧客の満足、

 

アフターサービス、管理体制の確立」を目標とし、妥協せずに安全性の高い製品を創り出していきます

 

 NANKANG ナンカンタイヤの性能は大丈夫?

 

その昔、中華製タイヤがあまりにも性能が悪く、アジアンタイヤ全体の

 

タイヤ性能が悪いと勘違いされた時代がありますが

 

国産(日本製)タイヤを凌ぐ、高品質タイヤを製造できるタイヤメーカーに成長しました。

 

NANKANGタイヤメーカーは、ラジアルタイヤを製造して50年以上が経つ、

 

歴史あるタイヤメーカーです。

 

その歴史の中で、1989年から1996年までの間

 

日本タイヤメーカーの技術指導により

 

タイヤ品質改善をし、飛躍的にタイヤ性能がアップしました。

 

NANKANGタイヤは、低価格でありながら

 

日本タイヤメーカーに引けを取らない性能になり

 

ドライ路面のグリップは、ほとんど国産タイヤに引けを取らないレベルになってきています。

 

静粛性の面で、まだ2〜3年の開きがあるのかなと思っていましたが

 

静かで乗り心地の良いコンフォートを発売したことにより

 

 

 

一気に日本でも認知度が上がりました。

 

その後、タイヤメーカーの実力であるフラッグシップモデルの

 

 

 

プレミアムコンフォートタイヤを発売してきたことで

 

一気に差が縮まりました。

 

NANKANGタイヤの実力は、技術面もそうですがタイヤを作るにおいて

 

とても重要な資源を作ることのできる環境にある国が台湾なのです。

 

タイヤのベースになる、生ゴムを生産できる国でもあります。

 

これが台湾のNANJKANGタイヤの最大の強みです。

 

ブランド世界に認められた品質ナンカンタイヤ

 

創業以来、タイヤの生産に専念し、多種多様なハイクオリティータイヤを創り続けてきたNANKANGタイヤ

 

その結果、世界的にも権威を持つドイツの自動車専門機構のTUV SUDの認証をはじめ、

 

世界各国で様々な認証、賞をいただくことに。

 

これは当社のタイヤの品質の高さが世界に認められたと言えますが、

 

現状に満足することなく、今後も高い技術力・開発力を活用し、

 

持続可能な社会の実現に貢献しながら、ユーザーの安全運転をサポートていくタイヤメーカーに

 

新たな目標に向けて、次の50年のスタートを切る企業の社会価値と持続的成長を図るために、

 

2010年からCIS (Corporate Identity System)を一新

 

CISプランを通して、新たな企業イメージ、世界基準のブランドを確立し、

 

次の50年へ踏み出していくという姿勢です。

 

グローバルステージへの躍進「誠実、実務、革新」という経営理念で、台湾に根を張って55年。

 

その長い歩みの中でグローバルに発信できる高い技術力と品質を培ってきました。

 

2010年からは国際市場への展開を視野に入れ、その想いをロゴに込めました。

 

ナンカンタイヤはこれからも安全性とドライバーの気持ちを最優先するという志を忘れることなく、

 

さらに新しい未来へ向けて着実に歩みを進化させていきます。

 

情熱的なNの湾曲は、永続経営の企業理念と、変わらぬ顧客への愛着というナンカンスピリットを表現。

 

CISは黒と赤で設計されました。

 

赤は情熱、顧客への熱意、バイタリティー。

 

黒は企業としての安定性、将来性、専門性、信頼感を表しています。

 

タイヤがオフロード、凍結路面などいかなる悪路でも乗り越えていくように、

 

NANKANGタイヤは様々な問題も乗り越えて、これからも革新し続けます。

 

当社は、台湾でのシェアNo.1を目指すだけでなく、世界市場を見据え、

 

180カ国以上にタイヤを提供し

 

グローバルステージへと着実に歩みを進めていくと思います。

 

NANKANGタイヤのデメリットはなに?

 

国産タイヤとの価格の差を見れば、充分性能差は納得のいくタイヤですが、

 

良いところだけではありません。

 

ウエット路面の性能は、まだ国産タイヤと比べて

 

5年ぐらい遅れているかもしれません。

 

ウエット路面は本当に滑りますね!

 

台湾というお国柄なので、雨はほとんど降りません。

 

たまには日本と同じで豪雨によって自然災害がある国でもあります。

 

その点では、日本と似ていますね。

 

ウエット路面グリップでは、まだ国産タイヤとは、かなり差があります

 

サーキットの限界走行時の経験ですが

 

サーキットを走ると、タイムにハッキリ出るので

 

ウエット性能の弱さがハッキリ、タイムに出てしまいます。

 

でも一般道の通常走行では全く問題がないレベルですよ(笑)

 

ドライグリップは、すごいレベルになってきていますが

 

ウエット路面では、国産タイヤの性能差がありますね!

 

ですがドライグリップにおいては、すごいグリップ

 

2016年に発売されたNANKANGハイグリップタイヤは

 

 

 

国産ハイグリップタイヤを超えるグリップ力を持ったタイヤです。

 

コレには本当に驚きました。

 

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

NANKANGタイヤに実際に試乗した性能評価感想レビューも参考にして頂けたらうれしいです

NANKANGタイヤ性能評価感想レビューサイト

NANKANG NS-2タイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG NS-2タイヤの特徴,NANKANGタイヤ,NANKANGタイヤ評価,NANKANGタイヤ感想,NANKANGタイヤレビュー,ナンカンタイヤデメリット スポーツタイヤで人気のNANKANG NS-2タイヤNANKANG NS-2タイヤの実際のタイヤ性能はどうなのでしょう。実際に試乗した性能評価感想とメリット、デメリットをまとめました!NANKANGタイヤのラインナップで、もっとも人気があるタイヤがNANKANG NS-2です。タイヤカテゴリーはスポ...

≫続きを読む

NANKANG NS-2Rタイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG NS-2Rタイヤの特徴,NANKANG NS-2Rタイヤ,NANKANG NS-2Rタイヤ性能,NANKANG NS-2Rタイヤ試乗,NANKANG NS-2Rタイヤ感想,NANKANG NS-2Rタイヤ評価,NANKANG NS-2Rタイヤレビュー ハイグリップタイヤ選びならNANKANG NS-2Rタイヤ私も履いている、お気に入りのハイグリップタイヤがNANKANG NS2Rタイヤです。公道を走れるハイグリップタイヤなのが、うれしいです。ナンカンNS-2Rの実力はスゴイの一言!タイヤ性能評価レビューをまとめました。デメリットも書いています。こ...

≫続きを読む

NANKANG AR-1タイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG AR-1の特徴,NANKANG AR-1タイヤ,NANKANG AR-1タイヤ性能,NANKANG AR-1タイヤ試乗,NANKANG AR-1タイヤ感想,NANKANGAR-1タイヤ評価,ナンカンAR-1タイヤレビュー,ナンカンAR-1デメリット サーキットで実力を発揮するNANKANG(ナンカン) AR-1タイヤサーキット走行が好きな方にオススメなのがNANKANG(ナンカン) AR-1タイヤです。アジアンタイヤの中で、最強のグリップ力と言われているAR-1の実力はどうなのか?ますは一般公道レビューからまとめました。デメリットも書いています...

≫続きを読む

NANKANG NS-20タイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG NS-20タイヤ,NANKANG NS-20タイヤ性能,NANKANG NS-20タイヤ試乗,NANKANG NS-20タイヤ感想,NANKANG NS-20タイヤ評価,NANKANG NS-20タイヤレビュー 快適性を持つスポーツタイヤNANKANG NS-20タイヤ快適性がありスポーツタイヤ並のグリップ力を持っているいるのがNANKANG(ナンカン)NS-20タイヤです。NANKANG NS-20タイヤ実際の性能はどうなのでしょうか!ナンカンNS-20タイヤのメリット、デメリットをまとめました。NANK...

≫続きを読む

NANKANG NS-25タイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG NS-25タイヤ,NANKANG NS-25タイヤ性能,NANKANG NS-25タイヤ試乗,NANKANG NS-25タイヤ感想,NANKANG NS-25タイヤ評価,NANKANG NS-25タイヤレビュー 快適性と乗り心地を重視したNANKANG NS-25タイヤプレミアムコンフォートタイヤのNANKANG(ナンカン) NS-25タイヤです。NANKANG NS25の実際の実力はどうなのでしょうか!タイヤ性能のメリット、デメリットをまとめまてみました。ナンカンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいで...

≫続きを読む

NANKANG RX615タイヤの特徴と性能評価感想レビュー

NANKANG RX615タイヤ,ナンカンRX615タイヤ,NANKANG RX615感想,NANKANG RX615デメリット 乗り心地と静かさに特化したNANKANG RX615タイヤ乗り心地と静かさに定評のあるNANKANG RX615の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか!ナンカンRX615タイヤ試乗性能テストをして、タイヤ性能の感想、メリット、デメリットをまとめてみました。ナンカンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれ...

≫続きを読む