NANKANG NS-2Rタイヤの特徴と評価

NANKANG NS-2Rタイヤの特徴と評価(ハイグリップタイヤ)

 

NANKANG NS-2Rのグリップ力は

 

半端ではありません。

 

思わず、私も買ってしまいました。

 

一般道でのグリップ力も半端ではありません。

 

逆に快適性は全くありませんので、乗り心地や静かさは全くありませんので

 

快適性より、グリップ力だ〜という方に

 

履いてもらいたいハイグリップタイヤです。

 

しかも、値段が安いので、走り屋さん達が

 

待ちに待ったハイグリップタイヤになると思います。

 

70スープラサーキット仕様に取り付けてテストしたところ

 

このNANKANG NS-2Rは、これからサーキット走行会で間違いなく支流タイヤになりますね!

 

選べませんがコンパウンドは2種類、

 

手に入るのはレース用の(TREAD WEAR:120)と

 

さらにグリップ力を高めた(TREAD WEAR:80)ですが

 

手に入るのは、(TREAD WEAR:120)の方です。

 

サイズによっては(TREAD WEAR:80)を手に入れることもできます。

 

試乗した感じは、この2つのコンパウンドは、まったくの別物です。

 

国産Sタイヤのコンパウンドだと分かりやすいと思うので

 

TREAD WEAR:120は、HM(ハードミディアムコンパウンド)タイヤで

 

TREAD WEAR:80は、SM(ソフトミディアムコンパウンド)タイヤという感じです。

 

国産Sタイヤでいう、S(ソフトコンパウンド)やSS(スーパーソフトコンパウンド)では

 

ありませんでした。

 

でも国産SタイヤのHとMコンパウンドは、タイヤが暖まらないとグリップ力が出てきません

 

その点NANKANG NS−2Rは、一般道も意識して作ってあるので

 

タイヤが冷えていてもグリップ力があるので安心です

 

完全にレース用タイヤにされると、タイヤの性格が特化してしまうので

 

逆に一般道では、使いづらい性格になってしまうので・・・

 

とくにタイヤの温度によって、性格が極端に変わってしまうSタイヤとは違って

 

ある程度の知識がないと安全に走れないタイヤではありません。

 

NANKANG NS−2Rは完全レース用の性格ではなかったので

 

一般道でも使いやすいハイグリップタイヤです。

 

国産Sタイヤ同様、NANKANG NS−2Rも

 

一般公道の使用はOKなので、その点は心配しなくても大丈夫です。

 

今後、コンパウンドの、SやSSのタイヤが出てきたら

 

一般公道の使用は避けた方がいいと思います。

 

確かにタイヤが低温でももの凄いグリップはしますが

 

減りの早さもピカイチなので、SやSSコンパウンドがでたら

 

サーキットに行ってから、履き替えた方が無難です。

 

さらにSやSSコンパウンドで一般公道を走られたら

 

小石がべたべたタイヤに付いて、速度が上がると小石を巻き上げてしまうので

 

後ろに付いた車は、飛び石をたくさん喰らうことになりますから

 

周りの車の安全面には良くありませんからね!

 

今後、S(ソフト)やSS(スーパーソフト)コンパウンドが出てきたらのお話でした。

 

NANKANG NS-2Rのタイヤデザイン

 

NANKANG NS-2Rのトレッドパターンは、こんな感じ

 

ブロックが大きくグリップしそうなパターンですがうるさそう。
 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ
 

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。
 

 

NANKANG NS-2Rの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

 

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力トップクラスです。

 

完全にスポーツタイヤの上のグリップ力を持つ、

 

グリップタイヤのカテゴリーに入ります。

 

国産グリップタイヤだと、ヨコハマタイヤのネオバ、

 

トーヨータイヤのR1R、ダンロップファルケンのZ2スタースペック、

 

ブリヂストンのポテンザRE11Aと言ったタイヤですが、

 

このNANKANG NS−2Rは履いてビックリ

 

驚くことに、その上のいくタイヤでした。

 

横剛性、コントロール性、縦グリップ力、横グリップ力、

 

速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤがグリップタイヤです。

 

でも静粛性は全くありませんので、グリップタイヤが欲しいけど静かさも欲しい方にはオススメできません。

 

パターンノイズはタイヤが減ってくると

 

だんだん大きくなっていきます。

 

そしてナンカンNS−2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

 

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

 

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤで

 

さらにサイズラインナップが豊富で、値段がダントツに安いのが魅力です。

 

ですが・・・さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

 

でもSタイヤの新品溝は5mm、ナンカンNS−2Rの溝は8mmと

 

Sタイヤと比べると、3mmライフが多いので助かります。

 

本当にSタイヤってあっという間になくなりますからね!

 

そして走った後、Sタイヤを見ると・・・あ〜楽しんじゃったなァ〜って・・・

 

あとどれくらい走れるんだろう(汗)というむなしさが・・・

 

またタイヤ交換だァ〜、財布に優しくないなァ〜ってことに!

 

でもナンカンNS−2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

 

しないので安心してください。

 

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありませんけどね!

 

とにかくサイズラインナップが豊富で価格が安いのにグリップ力は半端ではないです。

 

スゴイの一言です。

 

サーキット好きが、待ちに待ったタイヤです。

 

NANKANG NS−2Rのタイヤサイズと値段は

 

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

コンパウンドの指定はできませんので!

 

サーキットで使えるアジアンタイヤでもっともグリップするタイヤです。

 

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

NANKANG(ナンカン)NS-2Rタイヤの特徴と評価レビューでした。

 

コチラも参考に


 

関連ページ

NANKANG NS-2タイヤの特徴と評価
NANKANG NS-2タイヤの特徴!NANKANGタイヤのラインナップで、もっとも人気があるタイヤがNANKANG NS-2です。タイヤカテゴリーはスポーツタイヤでサイズラインナップが豊富なところも人気の一つです。NANKANG NS-2の性能はどうなのでしょう?実際に試乗し評価レビューしています。
NANKANG AR-1タイヤの特徴と評価
NANKANG AR-1の試乗評価レビューです。アジアンタイヤの中で、最強のグリップ力と言われているAR-1の実力はどうなのか?ますは一般公道レビューです。
NANKANG NS-20タイヤの特徴と評価
NANKANG NS-20タイヤの特徴!NANKANG NS-20は、NANKANGタイヤのニューフラッグシップモデルです。 ドライグリップ性能、ウェット性能、ハンドリング性能、静粛性、快適性に優れ、高いレベルで燃費性能、耐久性も兼ね備えたスポーツプレミアムタイヤです。
NANKANG NS-25タイヤの特徴と評価
NANKANG NS-25の特徴!NANKANG NS-25は、縦溝を広めに取ることで排水性能を向上とウェット路面でも安定した走行ができます。また、ショルダー側の溝にTie-Barを配置し、ノイズを軽減。溝側面に段差を付けることでエッヂ効果を得られ、グリップ性能が向上しました。