NANKANG NS-2とNS−20の乗り比べレポート

アジアンタイヤの中で人気のNANKANGタイヤのNS−2とNS−20の乗り比べレポート

 

NANKANG NS−2はスポーツタイヤでNANKANG NS−20は

 

NANKANGタイヤのフラッグシップのプレミアムタイヤです。

NANKANG NS−2のタイヤデザイン

NANKANG NS−20のタイヤデザイン

 

両方回転方向があるタイヤのトレッドパターンです。

NANKANG NS−2とNS−20の一般道 比較レポート

低速域では、ほとんど性能性格の違いは分かりないレベルですが

 

乗り心地面に関しては、NS−20の方がマイルドです。

 

コーナーは50キロぐらいの速度だと、ほとんど変わらない感じですが

 

切り始めのレスポンスは、ほんの少しNS−2の方が早いです。

 

一般道の速度域だと、どちらも同じレベルといった印象です。

NANKANG NS−2とNS−20の高速道路 比較レポート

高速道路ではどうなのでしょう?

 

速度が100キロになると、タイヤの性格がもろに出ます。

 

静かさと乗り心地では、NS−20の方が上です。

 

速度が上がれば上がるほど静かさの差が広がる感じですね。

 

直進性は、NS−2とNS−20は、ほとんど変わりませんが

 

レーンチェンジの切り始めから、レーンチェンジが終わった時の

 

切り戻しの安定感はNS−2の方が走りやすいです。

 

高速道路を快適に走るなら、NS−20の方が上ですね。

NANKANG NS−2とNS−20の首都高 比較レポート

継ぎ目の多く、コーナーが多い首都高での性能比較です。

 

一番タイヤ性能が分かる道路です。

 

継ぎ目の通過ですが、これは圧倒的にNS−20の方がマイルドで

 

静かに通過してくれます。

 

荒れた路面もNS−20の方が静かで乗り心地もイイです。

 

コーナーですが、ココでは性能が逆転、切り始めのクイックさ

 

切り足したときの反応は、NS−2の方が上です。

 

NS−20はスポーツタイヤ並のグリップ力はありますが

 

NS−2までのグリップ力はありません

 

逆に言うと、NS−2のグリップ力がかなり高いレベルと言えますね。

NANKANG NS−2とNS−20のトータル 比較レポート

コーナーを楽しく走るなら、NS−2です。

 

高速道路を快適に走るなら、NS−20でしょう。

 

どちらのタイヤも、ドライグリップはスポーツタイヤの性能を持っています。

 

ただしウエットに関しては、NS−2は要注意です。

 

ウエット路面になったら、速度を落として、走行しましょう。

 

NANKANG NS−2のタイヤサイズと価格は
 
コチラから⇒NANKANG NS−2
 

 

NANKANG NS−20のタイヤサイズと価格は

 


コチラから⇒NANKANG NS−20

 

タイヤ選び参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS−2とNS−20のタイヤ性能比較でした。

 

コチラも参考に

 



 

 

関連ページ

NANKANG NS-20とNS-25の乗り比べレポート
アジアンタイヤの中で人気のあるNANKANG NS-20タイヤとNANKANG NS25タイヤの乗り比べレポートです。タイヤの性能や性格は実際乗ってみないと分からない部分が多いです。乗り比べた感想を書いています。